FC2ブログ

フェリシアン・ロップス 性と死と悪魔のイメージに満ちたデカダン派 エレガントな恍惚

猥褻も極めれば芸術だ! 陶酔境へと誘う無料動画、風俗、出会いアプリ! 生活なんか下僕にまかせときゃいいじゃない!

ホーム > スポンサー広告 > フェリシアン・ロップス 性と死と悪魔のイメージに満ちたデカダン派ホーム > エロティック・アート > フェリシアン・ロップス 性と死と悪魔のイメージに満ちたデカダン派

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フェリシアン・ロップス 性と死と悪魔のイメージに満ちたデカダン派

フェリシアン・ロップスはベルギー出身、パリで活躍した象徴主義・デカダン派の画家です
風景画も書いていたんだけどそれは表の顔
モラルが厳しかった19世紀に
そんなの関係ねえとばかりに不道徳な絵も描いたの

フェリシアン・ロップス 聖アントワーヌの誘惑
「聖アントワーヌの誘惑」 1878年
ぶっといモノが屹立している絵もあるわ
何だかよくわからないけど背徳的ね
理解するには宗教や美術の知識が必要でしょうね

フェリシアン・ロップス 磔刑
「磔刑」 1882年

フェリシアン・ロップス
「偶像」 1882年

フェリシアン・ロップス
「色欲 あるいはさらし台」

同時代の理解者ユイスマンスはこう述べた

「ロップスは現代の女をとりあげたのでもなければ、パリの女を描いたのでもない。彼は女という永遠の存在を描いた」

つまりは現代日本の女もこれらの絵のようなものということね
美しくもあり、ドロドロした面もある
関連記事
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
人気記事
最新コメント
最新トラックバック
相互RSS
著作権に関して

当サイト掲載の動画、画像の著作権、肖像権は各権利所有者に帰属します。 著作権、肖像権に関して問題がありましたら、メールフォームよりご連絡ください。すみやかに削除いたします。

また、リンク先のサイトにつきましては、当サイトは一切関知しておりません。ご利用の際は自己責任にて対処をお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
24457位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動画
7445位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。